尼崎市の牛嶋歯科医院では歯の根の治療(根管治療)も行っております。歯髄炎や根尖性歯周炎などの場合に歯の根の治療が必要になります。

医療法人うしじま歯科クリニック
お問い合わせリンクサイトマップ
診療科目一覧当医院の方針初診の流れ設備紹介お問い合わせアクセススタッフ紹介・募集

牛嶋歯科医院求人情報紹介
兵庫県尼崎市の牛嶋歯科医院では、只今、歯科衛生士を募集しております。求人要項を当Webサイトにて掲載しておりますので、是非ご覧下さい。
 歯科衛生士求人要項
 エントリーフォーム(応募)

MTB歯ブラシ
MTB歯ブラシは、歯と歯の隙間や歯の凹みの歯磨きに最も適した歯ブラシです。
MTB歯ブラシの詳細は、上記バナーかこちらをクリック>>>


予防歯科(PMTC)

歯周病

口臭

顎関節症


噛み合わせ

歯ぎしりとクレンチング

歯の根の治療

小児矯正

ノンメタル

ノンインプラント

歯列矯正

入れ歯(義歯)

歯の根の治療(根管治療)
 トップページ > 診療科目一覧 > 歯の根の治療

 歯の根の治療(根管治療)

原因
口の中の最近により虫歯になる→
歯の根の中の神経が腐り、それがひどくなると顎の骨の中に膿が溜まるようになる。

病気の状態を調べる

歯→
パノラマレントゲンと口腔用レントゲンで虫歯の状態を調べる。

口の中の細菌→
顕微鏡で調べるその結果、その菌に合った飲み薬が必要なことがあります。


 治療法

根管治療

歯冠の部分の腐っている所を取り除き、きれいにする。
もし、欠損が大きければ治療のための壁を作る。
根管治療根管治療

虫歯が大きいときは、
治療のための壁を作る。
根管治療

レントゲンで歯の根の長さを測る。

根管の中に薬を入れて消毒する。

顎の骨の中に病気があるときは、その中も消毒する。
根管治療

根管がきれいになれば、固い薬で根管を閉鎖する。

歯が割れないように補強する。

噛めるように歯に被せる。

歯の根の中は細くして曲がっていて、しかも複数なので治療をするのに集中力とエネルギーがいります。
より良い治療をするために、患者様にはご迷惑をおかけしますが、一日2人までとさせていただいております。
簡単な根の治療は随時受け付けております。


尼崎市の牛嶋歯科医院では、歯の根の治療(根管治療)にも力を入れています。
歯髄炎
根尖性歯周炎などで、お悩みの方は、お気軽に当院へお越し下さい。
もちろん、インターネットからもお問い合わせも受け付けております。

アクセスマップは、こちらをクリック>>>

お問い合わせは、こちらをクリック>>>



 歯の根の治療(根管治療)の症例
根管治療
根管治療

アクセスマップは、こちらをクリック>>>

お問い合わせは、こちらをクリック>>>


 歯の根の病気と治療について

歯の根の治療(根管治療)をする時は、主に2つの場合があります。

歯髄炎の場合
虫歯を放っておくと、虫歯は深くまで進んで神経(歯髄)に達して、歯が凍みたり痛んだりします。

これを歯髄炎といいます。歯髄が細菌に感染してしまったということです。



歯の根の治療
歯髄炎の場合の歯の根の治療:1

虫歯が歯の神経まで、
到着している状態です。
↓
歯髄炎の場合の歯の根の治療:2

虫歯を取り除きます。
↓
歯髄炎の場合の歯の根の治療:3

ファイルという器具を
使って歯の神経を取り
ます。


治療毎に歯の中に
消毒の薬を入れます。
↓
歯髄炎の場合の歯の根の治療:4

神経の入っていた空洞を
ガッタパーチャという薬で
封鎖します。
↓
歯髄炎の場合の歯の根の治療:5

土台を入れて、
補強します。
型取り
 ↓
歯髄炎の場合の歯の根の治療:6

出来上がったかぶせを
調整します。
↓
歯髄炎の場合の歯の根の治療:7
歯科用セメントでセットして
治療が終わりです。
根尖性歯周炎の場合
虫歯や打撲などによって神経が死んでしまった時や、根の治療を途中のまま期間がたってしまった時や以前に神経を取っている歯が何らかの原因で感染を起こした時に根の先端(根尖)に膿が溜まって(慢性炎症)きます。このまま放置すると、だんだん痛くなってきます。
慢性炎症については、こちらをクリック>>>

歯の根の治療
根尖性歯周炎の場合の歯の根の治療:1

根の先に膿が溜まっている状態です。


かぶせをはずします。
↓
根尖性歯周炎の場合の歯の根の治療:2

ファイルという器具を使って、歯の中に入っている古い薬を取り除きます。


治療毎に歯の中に
消毒の薬を入れます。
↓
根尖性歯周炎の場合の歯の根の治療:3

状態が良くなったら
歯の中の空洞をガッタパーチャという薬で
封鎖します。
↓
根尖性歯周炎の場合の歯の根の治療:4


土台を入れて、
補強します。
型取り
 ↓
根尖性歯周炎の場合の歯の根の治療:5

出来上がったかぶせを
調整します。
↓
根尖性歯周炎の場合の歯の根の治療:6
歯科用セメントでセットして治療が終わりです。

治療の後で歯が浮いたり、強く噛むと痛みが出ることが時々ありますが、ほとんどの場合3日〜1週間で自然に治ります。


できるだけ歯を抜かない治療をすすめておりますが、そうなる前に定期的な検診を受ける習慣をつけましよう!


これらのように虫歯菌が感染した神経や腐敗物などの感染源をきれいに取り除くためにファイルという器具を使って、根管内を内部から拡大清掃し、きれいになった根管内をガッタパーチャなどの根充材(根管内を埋める薬)で封鎖していくことが根の治療です。
根管は十分に消毒された後、完全に封鎖されることにより細菌の感染から守れます。 根管は非常に細く形も複雑な為、この治療には大変な時間と労力が必要です。

歯を長持ちさせる為には、決して欠かすことのできない重要な治療なのです。

尼崎市の牛嶋歯科医院では、歯の根の治療にも力を入れています。
歯髄炎
根尖性歯周炎などで、お悩みの方は、お気軽に当院へお越し下さい。
もちろん、インターネットからもお問い合わせも受け付けております。

アクセスマップは、こちらをクリック>>>

お問い合わせは、こちらをクリック>>>




 慢性炎症

細菌やウィルスなどの病原体が生体に侵入したときに起こるのが炎症である。
炎症には二種類ある。

・急性炎症と慢性炎症である。
・急性炎症は腫れて、・赤くなり、熱くて痛い
・慢性炎症は痛くなく、自覚症状もないのが特長である。

急性炎症の時は、免疫系が働き、白血球などが増えて細菌を直接たべたり、猛毒の活性酸素などで
  やっつけてしまう。そして病原菌がいなくなれば、免疫系はもとの状態に戻る。ところが、
慢性炎症は、炎症はひどくなく、だらだらと続く。免疫系も攻撃目標が定まらず、正常な細胞や組織や
  血管なども殺してしまい、その場所で慢性病の下地を作る。

歯周病や歯の根の病巣の中には、細菌が数億単位で活動している。
それらが毛細血管から入り、全身に流れていき、他の臓器で慢性病を引き起こすことがある。


歯周病 >>>

免疫力強化 >>>


参考文献:心臓病、糖尿病、がんの原因は「慢性炎症」だった 生田 哲 著(日本実業出版社)

 

All rights reserved (C)USHIJIMA DENTAL CLINIC