口臭/歯周病など歯のことでお悩みの方は兵庫県尼崎市の牛嶋歯科医院にご相談下さい。予防歯科(PMTC)/入れ歯/小児矯正/ノンメタル

医療法人うしじま歯科クリニック
お問い合わせリンクサイトマップ
診療科目一覧当医院の方針初診の流れ設備紹介お問い合わせアクセススタッフ紹介・募集

牛嶋歯科医院求人情報紹介
兵庫県尼崎市の牛嶋歯科医院では、只今、歯科衛生士を募集しております。求人要項を当Webサイトにて掲載しておりますので、是非ご覧下さい。
 歯科衛生士求人要項
 エントリーフォーム(応募)

MTB歯ブラシ
MTB歯ブラシは、歯と歯の隙間や歯の凹みの歯磨きに最も適した歯ブラシです。
MTB歯ブラシの詳細は、上記バナーかこちらをクリック>>>


予防歯科(PMTC)

歯周病

口臭

顎関節症


噛み合わせ

歯ぎしりとクレンチング

歯の根の治療

小児矯正

ノンメタル

ノンインプラント

歯列矯正

入れ歯(義歯)

歯周病
 トップページ > 診療科目一覧 > 歯周病

 歯を失う最大の原因 歯周病

 歯周病について

歯周病は、「サイレント・アーミー」〜沈黙の病気〜とも呼ばれるように、痛みなどの自覚症状が出にくく、それが災いして予防を怠りがちになったり、進行が進んでしまうことがあります。

また、歯周病は放置しておくと身体全身に影響を及ぼすことが近年の研究で明らかになってきました。

歯周病は、どのような病気かというと、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯の歯周病原菌となるいろいろな細菌が、 歯周ポケットの中で異常増殖すると歯肉がはれ、 歯槽骨の破壊を起こさせるのです。

そして、歯肉のところで慢性炎症が起こり、それが糖尿病や心臓病にかかりやすくなったり、それらを悪化させます。
慢性炎症については、こちらをクリック>>>
歯周病解説イラスト
もっとわかりやすく説明すると歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していくのです。また、「歯周病は歯を失う最大原因」なのです。

統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。

しかし、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。実は、10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり冒し、歯ぐきから血がでるという自覚症状がでる30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっています。虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には抜くはめに・・・なんてこともありえる横綱級の恐い病気なのです。

歯周病に限りませんが、歯周病は悪化すると非常に恐い病気です。 歯周病の進行段階は、大きく分けて「歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」という四段階に分けられます。

ほとんどの人は、「歯肉から血が出る」といった自覚症状を感じてからはじめて歯科医の診察を受けに行きますが、このような症状があるときは、かなり悪化した状態なのです。ついつい放っておいて歯周病が悪化し、歯を抜くと多くの障害が出てきます。

50代で“自分の歯がほとんどない”ということにならないよう、日ごろから歯周病の予防を是非心掛けたいものです。(予防歯科にご興味がおありの方は、こちらをご覧下さい>>>)

また、免疫力強化にも関わる内容ですので、ご興味がおありな方は、こちらの免疫力強化をご覧下さい。

次に、当院での歯周病治療の進め方をお伝えします。

 歯周病治療の進め方
歯周病には、4つのランクがあり、それぞれ症状により、治療法も異なります。
こちらでは、当院の治療の進め方と合わせてご説明致します。
歯周病治療の進め方1
 歯と歯肉の間から入った細菌(歯垢、歯石)が歯肉に炎症を引き起こす。
 歯肉は赤く腫れ、出血しやすくなる。
歯周病治療の進め方2
 細菌が歯と歯肉の境目から割り込み、歯と歯肉を離れさせる。(歯周ポケット)
歯周病治療の進め方3
 歯と歯肉の境目に付着した細菌が、歯の根の面に沿って、歯の先へ侵入し、繁殖して
 においを発する。(口臭) さらに、歯肉の中にある歯槽骨を溶かしてしまう。ポケットから
 は、常時、血やうみがにじみ出ている。
歯周病治療の進め方4
 歯肉はやせて下がり、歯槽骨はほとんど吸収されなくなるので、歯槽骨がむき出しに
 なる。ついには、グラグラと動揺し、抜け落ちてしまう。
歯周病治療のプロセス
歯周病治療のプロセス1
歯周病治療のプロセス2
歯周病治療のプロセス3
歯周病治療のプロセス4

診査(プローピング)・診断

抜歯
 

ブラッシング指導

 
 

プラーク
コントロール

パーソナル ブラッシング・洗口
プロフェッショナル スケーリング
 
 

診査

 
 

スケーリング・ルートプレーニング

ルートプレーニング
による治療法

ルートプレーニングによる治療法
キュレットを用いて、歯根面の歯垢、歯石、壊死セメントを除去してなめらかにする。

診査

外科処置・FOP
診査

補綴治療

メインテナンス

アクセスマップは、こちらをクリック>>>

お問い合わせは、こちらをクリック>>>


 自覚症状がなくても注意したい歯ぐきの病気のポイントと日頃のケア方法

歯ぐきの病気である歯肉炎、歯周炎の原因はいずれもプラーク(歯垢)や歯石などの汚れが第一の原因です。 このプラークは口腔内の細菌が食べ物の中の糖を栄養分にしてできた細菌の塊で、炎症を起こす物質を作り出しています。

ちなみに、口の中には細菌がいっぱいます。全てが害になるわけではないですが、乳幼児でも約30種、大人では約250種〜300種もの細菌が存在し、プラーク1ml中には1億〜100億個ぐらいの細菌が活動していると言われています。
(右の写真は、成人男性唾液の顕微鏡での映像です。)

口内の細菌映像

これら細菌は、普段から口の中に存在しますが、口内の汚れによって数が増加したりしますので、常に清潔にしておくことが重要です。また、歯ぐきや歯根の先の炎症が原因で、心臓や腎臓など身体の他の部分に病気があらわれる可能性もあります。歯や歯ぐきの慢性炎症は、本当にこわい病気となります。慢性化する前に根本的に治療しておくことが大切です。

最後に歯肉炎、歯周炎の注意ポイントとしては、軽い段階ではブラッシング時の出血や染み程度で痛みがほとんどない為、自覚症状がなく特に気づきにくい病気であるという点です。そこで、こちらでは、歯周病の日頃のケア方法を少しだけお伝えしておきます。

◆ 毎日のブラッシング
毎日、きちんとブラッシングをして丁寧に歯垢を取り除くことが大切です。ただし、「磨いている」と「磨けている」は異なりますので、院長考案のMTB歯ブラシで、しっかりとしたブラッシング方法を学んで下さい。

◆ 早めの診療
歯周病は、初期のうちなら完治することができます。かなり悪化していても、現在は治療法の進歩で適切な治療とセルフケアをきちんとすれば、抜かなくて済むケースが多くなってきました。少しでも上記で述べたような自覚症状があれば、痛みがなくても積極的に診察を受けて下さい。

◆ 定期検診
定期検診は、非常に重要です。歯垢を放っておくと、石のように固い歯石になります。こうなるともう日常のブラッシングだけでは取れません。少なくとも半年に1回、できれば3ヶ月に1回は定期検診に行き、歯石除去と歯の健康チェックをしてもらいましょう。

上記の日頃のケア方法は、基本的なことと思われるかもしれませんが、これを実施している人と実施していない人は、本当に違った結果がでます。少しでも自覚症状がある方、不安なので一度検診されたいとお考えの方は、お気軽に当院へ起こし下さい。もちろん、インターネットからもお気軽にお問い合わせ下さい。

アクセスマップは、こちらをクリック>>>

お問い合わせは、こちらをクリック>>>


 

All rights reserved (C)USHIJIMA DENTAL CLINIC